社会福祉法人 共立福祉会 保育・運営の全体的な計画

2019年度 事業計画

子どもの全面発達の保障
養護と教育を一体化して取り組み、子どもの全面発達を目指す。
  • 「めざす子ども像」と「保育の視点」にそった保育を進める。
  • 豊かな遊びと生活経験を通して、人間として生きる力の基礎を作っていく。
  • 人権に配慮し、一人ひとりの人格を尊重する。
  • 発達の道筋を押さえて、一人ひとりの個性を尊重しながら、子どもたちの発達を保障していく。
  • 「あー、楽しかった」と感じられる保育を積み重ね、保育者や友だちとの対話と共感の保育を進める。
家庭との連携
こどもや家庭の状況を丸ごと受け止め、信頼関係作りを土台としながら、保護者の養育力が向上するように支援する。
  • 家庭状況の背景にある様々な問題について関心を持ち、困難に対して寄り添っていく姿勢を大切にしていく。
  • 保護者とともに、より良い保育条件作りに努め、保育観を一致させながら、子育ての喜びを共有する。
  • 発達の気になる子については、家庭や専門家等との懇談を通し、子どもの姿を確認しあい、連携を深めながら、子どもの育ちの支援をしていく。
地域の子育て支援の拠点
地域の人々や団体との関わりを大切にし、豊かに育ちあう。
  • 地域に信頼され、支持される保育園となるように、日々の保育を進めていく。
  • 保育園の持っている子育ての機能を、地域に還元する取り組みを工夫していく。
地域の小学校や関係機関と緊密に連携しながら、子どもたちの就学に向けて準備を進めていく。

職員の資質向上・民主的集団づくり
職員は専門的な知識や技術と共に、倫理観や人間性の向上を目指し、日々努力しながら保育に当たる。
  • 保育者一人ひとりの経験や個性を尊重し、ともに日々の保育を作り上げていく職員集団となる。
  • 学びと、実践が統合された保育をすすめる。
  • 保育実践を記録し、振り返りを行ないながら、対話と共感の保育を目指していく。
職員は主体的に保育事業や運営に参画し、子どもの立場に立った保育について、率直な意見交換をしながら、保育内容を充実させる。
  • 皆で決めた事を皆で守り、一人ひとりが任務を遂行していく。
保育園の社会的責任
子どもの最善の利益を考慮し、人権に配慮した保育を遂行していく。
  • 要望や苦情を真摯に受け止め、自己評価を行い、保育運営内容の向上を目指す。
  • 地域専門機関との交流や連携を図る。
  • 保育の無償化や、待機児童の解消など、保育をめぐる情勢、課題に向き合い、保育制度についての学習を深めていく。
  • 子どもたちの命を安心な環境で守り育てていくために、みんなで手をつなぎ平和な社会を作る努力をする。
社会福祉法人として、保育事業に責任を持つ。
  • つくし保育園建設委員会を中心にして、地域関係諸団体と協力しながら、つくし保育園の新園舎建設を進める。
  • さくらんぼ保育園の計画的な改修、整備等も視野に入れながら、財政計画を立てていく。
  • 保育情勢や、地域の保育要求をつかみながら、中期長期計画を検討していく。
  • 施設運営の基礎となる財政基盤の確立を図っていく。
事業計画を基に、制度に基づいた経営を維持し、事業内容の充実をはかる。
  • 関係団体との連携を大切にする。
 
Copyright(C) 社会福祉法人共立福祉会 All Rights Reserved.
山梨県南アルプス市桃園337(さくらんぼ保育園内)